当時はかなり追いつめられていました

刺激は、多かれ少なかれ誰でも察する時がありますよね。 刺激を感じないと思っている人も、気づかないうちに溜めこんでいる場合があります。それが一番恐いですね。

自分では刺激の判別がないのに、知り合いなどから指摘されて、「おや、刺激だったんだぁ」といった、ようやく認識されるわけですから、大層溜めこんでしまっている。

正直、わたくしがその消息筋でした。 イライラして焦ればせっぱ詰まるほど、全てにおいて空回りしていましたね。

そんな時の歯車って、ちょっと逸れただけなのに、これもかってぐらいかみ合わなくなるので、行き詰まりだ。でも、外では普通のセルフを繕うので、つぎつぎド手法にはまり、結末には管轄がきかなくなって、バーンって大爆発してしまいました(笑)

今では、笑い話にできますが、当時はかなり追いつめられていましたね。

そんなことがあってから、多少なりともイラッという感じたら、小出しに爆発することを心がけてある。

所詮現在、転職していまだに任務に慣れていないので刺激が止まりっぱなし。

だからといって店舗で爆発してしまったら大変です。

イラっと来ても爆発は小出しに小出しに(笑)http://xn--cckwcxetd068wtqugssdetzqhlty4uipl9b.xyz/